日々のあれこれ(masavagoのブログ)

日々のあれこれ思いつくまま画像,自作動画等を添えてお伝えしたいです。 北海道、札幌 地域の情報 日々の暮らし、読書、映画、音楽、 中高年になって始めたタップダンスやその他の趣味など

子育て、介護

「自閉症の僕が跳びはねる理由」  こどもの日

ツインズ  撮影nakachan   (札幌円山動物園のシロクマの親子です)
ツインズ5月4日にNHKで放送された「自閉症の君が教えてくれたこと」良かったです。只今各国でもベストセラーとなっている「自閉症の僕が跳びはねる理由」を書いた東田直樹さん → プロフィール  とその本を翻訳したイギリスの作家、、David Mitchell 氏(息子さんが自閉症)影響を受けた海外の読者などが出演していました。私の知り合いにも自閉症おります。同じです。多動であったり、ぴょんぴょん跳ねたり、こだわりが強かったり、人の言うことは理解できるが言語、話が上手くできない、、思い通りにならないとパニックのようになったり、奇声や声は発するが言葉は出ない、、、となると重度の自閉症となります。
1時間ほどの番組で半分以上は涙、、涙。映画でもこれほど涙したことありません。それは、悲しい涙ではなく感動の涙です。東田直樹さんは、通常の会話はなかなか上手くできませんが、ローマ字の文字盤を使いながら声を出して話をします。文字に興味を強く抱くお子さんだったので、お母さんが上手くそれを導き、とても文章を上手く書きます。童話も書いています。今は22才、作家、です。書いた、エッセイや文は・・
・・・障害があることで回りの人、家族は悩まないで下さい。  家族の悲しむのはいやで喜ぶのを見たいです。 自分に障害があることで家族は負担に思わない様に接してくれた事が良かった 、、怖い事は人の視線です、、等は良く解ります。楽しいと思うことは。。。の問いには家族と過ごす時、、自分の本を読んでくれた人が喜んでくれること。。だそうです。
自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18


軽度、重度も含めますと100人に1人は自閉症なのだそうです。統合失調症も程度の差はありますが同じ割合です。障害のある人の家族は最初とても苦しむと思いますし、どう接して良いのか悩むと思います。この本は世界中の同じ障害を持つ人々、家族にとってはすごく大き桜冠の路な励みになり、理解出来ない自分の子への接し方、考え方を大きく変える本だと思います。そして番組後半、専門の医師による、脳のMRI検査についての説明があるんですが、東田さんは言語を理解する部分と、話をする部分の脳は機能しているが、それををつなげる部分がうまく行ってっていないのでは、、と言うのこととと、それとは別に、他人の意図を読み取るという脳の部分が非常に発達しています。だから豊かな文章表現が出来るのではないかと言うことでした、。人は障害、または機能できない部分があるとそれを補おうとする別なところが発達するのだそうです。          桜冠の路. 撮影  nakachan

この番組の前日にBSで、立花隆さんの「人間の意識の世界」と言うのを見ましたが、これも大変興味深かったです。ここ20年くらいでいろいろな科学、研究も進みましたが、こころ、脳、意識などまだまだ解明されていないことも多いです。でも大人の発達障害やアスペルガーなども社会で生活していて辛い思いをしてきても、それが解ると、対処の仕方があるそうですし。。  最近のドラマで見ているのは同じく障害者をテーマにした「アルジャーノンに花束を」ですが、コレも毎回泣けます。原作も昔読みました。
でもフツウ っていう基準がよく分かりませんね。                        
我が家の子たちも、いわゆるフツウ一般には進んで来られなかった部類ですが、いろいろ悩んだりもしましたが、やっぱり経験できて良かったことも多かったので、生まれてきてくれて  ありがとう・・ですね。。
以上、本日は子どもの日なので真面目に書いてみました。

本は早速図書館予約しました。                    
東田直樹オフィシャルサイト  →「自閉症の僕が跳びはねる理由」
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

9月 一区切り 終活?

jpg
写真は美瑛のクリスマスツリーと呼ばれている木 です。撮影nakachan
9月となりました。秋ですね、夕暮れの風景がきれいです。

なんだか雨の多い9月です。
先日、今年亡くなりました義母 98歳の納骨がようやく済みました。
これで、一区切りつきました。最期まで頑張った義母だったと思います。
18年前に義父、ここ8年の間で、私の両親、そして義母も見送ることとなりました。
子が親を看取る・・・・これ、、、宿命ですね。いつかはその時が来る。

義母の場合は長生きしたほうでして、大正、昭和、平成と生きた人です。
90歳くらいまで、細かな手作業、手芸やもの作りを好んでする人で、話好きで冗談も通じるかわいいばあちゃんでした。核家族多い今の時代ですが、我が家に縁があり最後20年ほどは私たち家族と過ごしました。
ほんとに長年ご苦労様でした、ありがとう。。と声をかけたくなる気分です。写真は義母の手作り作品です。
コハギ作品
さて、私たちの時は、こういったことがどういうふうに行われていくのか、、、
あまり子供たちに負担のないように。。と考えます。
健康に気を付けながら、少しづつ、就活、、いや今流行りの終活、、準備しておかなければ、、、はやいですか?

話は変わりますが、朝の連ドラ、あまちゃん、、面白いです。
朝ドラとしては過去最高の視聴率だそうです。じぇじぇじぇ!、
夏ばっぱ(宮本信子)のようなおばあちゃん、好きですね。もうすぐ終了ですがどういう結末になるのでしょうか。
にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

おしゃべり 食べること

マガンs
 マガン  撮影 nakachan

雨が降ったり、気温が低かったりとさえないお天気です。
今日のテレビで、人間最期が近くなると、食べることと、自分のことを話すことにエネルギーをかたむける、、という訪問医療を行っているっている医師の実践に即したお話がありました。

去年春くらいから、入退院を繰り返し、リハビリを兼ねた保健施設などでも過ごした義母(90過ぎ)が3月に自宅療養に切り替え、ひさびさ退院しました。『もう御高齢ですからね・・』は、毎度言われ続けていますが
100までも元気な人もいいますし、
でも去年で一気に介護度上がってしまいました。
いろいろありましたが、ペースメーカーを6年位前に入れ、あらゆることしてきましたが、いろんな機能も衰えてきてはいます。
今年1月、2月くらいは、食事がとれなくなり、点滴のみのときも。やせてげっそり。嚥下障害といいますか、精神的なものもあったと思います。
病院や施設はどうしても職員の方たち、一人にじっくりかかわれませんからね。それで、そういうのに慣れたヘルパーの資格も持った方にびっちりつききりでお世話していただきました。食事の内容が柔食から刻み食になっていたのでそれもいやだったみたいです。義母は『宇宙食みたい』って言ってました。それで普通の食事に変えてもらい噛み応え、味わい、食感も普通に戻してもらいました。
出される食事の半分くらい取れるようになったところで退院でした。本人も家に帰りたかったと思います。

良く話しかけ、ゆっくリ少しづつ飲み込みの練習からでした。
話すこと、話させること、聞くこと、じっくり相手をして
そうしますと表情も良く生き生きとしてきます。話すとお口も動かし、括舌もよくなり、元気がなく全然しゃべらなかったのに、すごい変化です。ほんとはたくさんおしゃべりしたかったんだ!お話好きのおばあちゃんでしたから。私は無口な嫁でして、なかなかおばあちゃんの相手はできなかったかもしれません。

ベッド上の生活が多いですが、退院して一ヵ月半たちましたが、ようやく私たちも慣れてきたという感じです。家に戻ると良く食事も進み、水分栄養不足を補う一日500ccの皮下点滴も退院後10日ではずれました。ホッ
食欲旺盛です。看護士さんもお医者さんもびっくり~!
ヘルパーさんや、訪問看護士さん、往診の先生、訪問入浴と、いろんな方々のおかげですね。
今後、いつどういう風になるかは、分かりませんができることはやってあげたいです。
それらの準備で3月からとても慌ただしかったです。
家族だけでお世話する日と、義兄夫婦の日と、ヘルパーさんだけにお願いしている日と設けて、介護保険やら、保険外のサービス(自費)も使い、私たち家族の負担になりすぎないよう計画してやってます。
最期までちゃんと食べ続けて、お話、おしゃべりもして欲しいと思います。
食べられなくなったら、、、やっぱり、元気もなくなるでしょ。
摂食障害があると点滴や、流動食(胃に直接入れる)になりますが、やっぱり普通の食事ですよ。

私たちくらいの年代ですと、自分の老後も気がかりですね。明日はわが身ですよ。子どもには、負担かけたくないし。
最期まで健康でいられるか、介護費まで出る保険にでも入っておくか、、、考えますね。

哲学と芸術

運河夜景  撮影 nakachan
850a0f0f.jpg


10月になり一週間があっという間に過ぎました先週は私にしては行事、用事が結構あり疲れました。
5日、日曜日はほとんど、ネテヨウビ。。月曜も、お昼寝してしまいました。せき、喉の痛みもあったので、風邪さんだったかも。

4日土曜は、息子の学校の父母会でした。北海道で毎年あるらしいんですが、札幌でというのは、毎度あるわけでは有りません。
どんなオベンキョしてるかも良く知らないので、一度くらいはと思い、申し込み、単位取得状況なども教えてもらいました。
個人面談の他に、総長のお話、それから学校の教学、就職についてのお話、ゲストを迎えての講演もあり、面白かったです。

ゲスト.O氏のお話。
教育とは『哲学と芸術』だそうです。他にも興味深いお話ありました。

どこまで、いつまでが親業なのか、親の責任というか、協力をしてあげられるのか、、いつまでたってもこどものことは気がかりですね。

会場は某ホテル。
ホテルは広いのでどこだか、ちょっと迷いました。違う階ではウエディング、披露宴会場もありました。花嫁さんを見かけました。

328ecd4a.jpg

都心へ行ったり、またこういういつもと違ったところへ行くと、
目、耳から、その他からも情報、刺激をもらいます。

夜はOBの方達も含めた懇親会がありましたが、それには出席しませんでした。
時間が長くなりますし、私には場違いですね。

疲れたので、帰り際、ホテルの喫茶でホットドリンクを飲んで一休み。
長い土曜の午後、一日でした。 


  喫茶店内のディスプレイ ウエディング関係の小物他
2b33cab9.jpg

  

卒業

3月10日晴れdd6d5d38.jpg

娘の卒業式でした。

女子ばかりの学校なので、式には袴、振り袖が多かったです。
華やかで、ある程度格式があって。。

こじんまりした学校で、100人足らずの卒業生ですが
最初からそれぞれの生徒に行き届いた指導がしてもらえて、家庭的、ぬくもりのある学校だなと思ってました。

子どもがいると、入学、卒業、何度か経験しますが
今回のは、とても良い式でした。

33a1bbd7.jpg
在校生送辞、学校長の式辞、もわかりやすく、適度な長さ。
そして、卒業生答辞が、、、泣かせるぅ。。
読んでいる生徒さんも、感極まり、、涙。。
会場のみんなも、、うるうる。

ウルルン卒業式ですよ。

これから社会人になるわけですが、、感慨深い。
ようやくギリギリでしたが、娘の仕事先も決まりました。
みんなこれからどのような人生を歩むのでしょうか。。

3年間良く頑張りました~~

かあさんはうれしい!
式が終わった後は、喜び、安堵感、新たなるスタートへの希望、、といった
明るく和やかな雰囲気になりました。

こういう機会はめったないので、私もたまには・・・
ということで、着物着ました。古いスーツしかないし、、
思いきって。。
娘と私の襦袢に半襟付けたり、何日か前から小物、諸々準備して、着物を掛けて置いたり、、、
着るとなると、
和服は面倒ですよ。
私は母の着物を借りました。主役は娘なので、私は、訪問着もありますが、今回はそう派手なのではなく、色無地に金の帯。
そうしますと、着物好きなマイマザーも喜び、親孝行も出来るという、重ねておめでたくて、良い効果が。。470f97ab.jpg


着慣れないので、ちょっと疲れましたが着られて良かったです。
娘達はその後、ドレスなどに着替え、謝恩会、
私は娘の袴、着物をもって帰宅。
実家に珍しい私の着物姿を見せに行く。
着物脱ぐ、二着分の着物後かたづけ、、

入学式、卒業式はお父さんも一緒、、というのは最近ぐっと増えましたが、
短大、専門学校の入学、卒業にはカレシ同伴、、いますよ。。何人か。。
時代が変わりましたね。


次は、2年後(ストレートに行けばですが)
息子の卒業ですが、これは行けるかな?
大学の卒業式なんて親、お呼びでないですかね。
5a051e6b.jpg

笑いの効用

“笑い”で病気を治せるか

昨日NHKのクローズアップ現代で、放送されたもの。7時半からの放送見た人に聞いて深夜のBSー2の再放送みようと思ったんだけれど、眠くてだめだった。残念。

内容はこちら

お笑いブームですが、それをお年寄りや、病気の人に楽しんでもらうと、血糖値が下がったり、遺伝子が活性化されたり、、、、
いろいろ良い効果ありらしい。
科学的に実際にそういう実験に取り組んでいる方たちがいるんですね。
吉本興業の協力を得て。

介護士にそういうお笑いの学校を設け、身につけて
介護のなかに取り入れるというのもやっているそうで。

笑いは百薬の暢、、でしょうか。

介護ってね、暗くならないように、明るいムードでしたほうが良いと思うんだけれど
お笑いね、、さっそく実験!?実習しようか。。

5376dc79.jpg

写真は秋の花、彼岸花。北海道にはありません。曼珠沙華ともいいますね。鮮やかな赤です。
撮影 ionさん ion66'photosより

もうじき七夕 暑い夏

7b681982.jpg
写真はこちらの夕(8月7日)のためのかざり。病院内で。

月初めは、私の父、母を病院へ定期外来で連れて行きます。今日は母。老人医療はいろいろありまして、公的な様々な援助もあります。介護保険も使ってるし、老人の医療受給者証というのも発行してもらいます。そのほか、特定疾患・・・、心身障害者・・・とかいろいろ。それにより、医療費の負担額もちがうし、収入によっても違ってくる場合もある。
手続きもいろいろ。。めんどうですよ。。

いずれにしても、医者の診断などは必要ですね。定期検診で薬の処方してもらうのと、それの(受給者証)手続きのためのあれこれも今日ありました。

午前中から、急にむっとする暑さになっちゃってね
外出ると、ほんと暑い。。a48a3016.jpg


右の写真はかざってあった短冊。毎年患者さんやお見舞いの人が書いていきます。子供のはかわいいですね。マジレンジャーって最近のですか。

BBSにも書いた、右側短冊。。。
二人の女・・とじゃないです。笑
二人の母とわかりあえますように・・・」です。う~ん、意味ありそう。。
結構こういうの本音書いたり、ホントの願い書いてるなぁ、、って思うことありますよ。年取った入院患者さんのなんか切実なのありますよ。
七夕、、願いが叶うとしたら、、なんてお願いしようかしら。。

かわいいでチュねぇ~

be64fc63.jpg
今日は木曜定例外出日。あんまりお出かけしてない私ですが、木曜は車空けておいてもらって。。。

今日は、←こ~んなかわいい赤ちゃん、春菜、春奈ちゃんどっちかな?漢字。に会えました。生後4ヶ月以上の赤ちゃんとおかあさんの、体操教室みたいのかな。始まる前のひととき、偶然通りすがりの私、、、
あんまりかわいいので、図々しく一枚撮させて下さい。。お願い。。もひとつ図々しく、HPに載せても良いですか~、、におかあさん、、OK!!
ありがとうございます。見てくれてるかなぁ。。。

もうすぐ5ヶ月ということですが、ニコニコ笑うし、この小ささ。。私が見てもかわいい~ んだから、おかあさんにしたら、メッチャかわいいでしょうね。もっと笑ってたんですよ。シャッターチャンスは難しい。

d6cbc3db.jpg
我が家もかつてこういう時期 あるにはあったのでした。昔ですねぇ。。。。 →→
マイケータイの待ち受け画面。娘が勝手に入れて。。娘はこの春奈ちゃんと同じくらいの時期ですね。いまでは二人とも170?前後になっちゃて、、おかげさまでデカクなりました。

あ、ちょっとだけ娘が画像にイタズラを、、

本日は事情で朝5時起き。そして、用事、お出かけと多忙でしたが
良い出会いもあり、
おいしい、玄米茶もいただけました。。

ライラック咲いた

なんか、まだブログ使い方よく分かってません。
本日は久々親友にtel。同級生でも子どもは様々で、下は小学生やら中学生の人もいるし。友達の次男さんは国立の大学入ったけど、なんとなく入ったか、希望でなかったのかあまり行ってないとのこと。夏まで考えさせて、、らしい。
うちも娘はこの春にこれでいいのか分からない、、みたいなこと言ってたけど、ちょっと愚痴だったのか。考え直して専門学校行ってる。何が良いかは分かんないけど、、、
何事も順調に進んで欲しいものではありますが、うちなんか二人とも今までいろいろ。
なんか考えすぎても動けないときあるんだよね。
そこはそんなに親は深刻に考えてなかった。最近ご主人が大病克服されて、最終的には元気でいてくれればいいのだし、高校まで学校へやったんだから、あとは自分でなんとかしてほしい・・それより自分たちのこと(健康、老後含む)のほうがよっぽど重大だ。。ですって。なるほど。

咲き始めた今日のライラック
青空もきれい  夜のライラック→
51dd0e93.jpg

午後からは実家の介護に関する話し合いがあった。
いろんな方々に支えられてる私の両親でありますが、たまにチェックというか
見直しするんです。お世話してもらってる人の入れ替えやら他。
職場の転勤ってあるけれど、諸問題はありますが
結局、仕事の効率上げるためもあるみたいだし。
マンネリやなれ合いにならないよう、変化や見直し、刺激も必要ということ。
家庭生活も同じか?たまに奥様も交代して欲しいと思ってる人いるかも。。悲しい
プロフィール

masa

メッセージ

にほんブログ村
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード