画像はブルックリンパーラー札幌 の本棚   
先週末は2日間、シティジャズ漬けで、頭の中が音楽鳴りっぱなし。あの空気感、演奏者の熱気。。
今週は静かに過ごしています。
burukkurinn

現在、小・中学生の間では「美しい日本語」が流行っているという。そこで、教育アドバイザーの清水章弘氏が、「天泣(てんきゅう)」「齟齬(そご)」といった、覚えておくと表現の幅が広がる日本語をクイズ形式で出題。さらに、「努努(ゆめゆめ)」などの難しい読み方と意味についても解説・・・・・・

        引用 「教えてもらう前と後」。2019年7月16日(火)放送分[MBS・TBS系 20:00〜20:54]は「美しい日本語」ほか
偶然にこの番組を見ることができました。
どれも知りませんでした、読めませんでした。書けそうにないのもあります。
こういったコトバを小中学生が使うんですか?どうやって使いこなすのでしょうか。
ちょっと使ってみたい言葉ではありますが、読まれなさそう。
色んな流行語も出てきますが、こういった日本語も良いですね。
天泣なんて素敵な響きと意味です。
英語の テンキュー(Thanks you)にも響きがかぶる・・ってことはないか、汗
使いこなしてみたいものです。

「天泣」・・・空が晴れているのに,ぱらぱら降る雨,あるいはその現象をいい,狐の嫁入りとも呼ばれる。雨が上空から降る間に,雲が移動するか部分的に消えてしまった場合,あるいは風によって運ばれた雨が風下に降る場合などに起こると考えられる。【内田 英治】  世界大百科事典 第2版の解説

「齟齬(そご)」・・物事がうまくかみ合わないこと。食い違うこと。ゆきちがい。「両者の意見に―をきたす」「計画が―する」  goo辞書より