ニュートンリング
         ニュートンリング  撮影  nakachan
札幌はすごい大雪です。

10歳で史上最年少の囲碁女流プロ棋士に この4月にプロデビュー予定

スゴイ女の子が現れたものですね。かわいらしい。
井山祐太五冠と公開対決のニュースが流れました。結果は引き分けだそうです。
井山5冠は確か12歳でプロデビュー。
仲邑菫(なかむらすみれ)さん 現在9歳 小学3年生 びっくり~~
家にテレビはなくて、、AI(人工知能)搭載囲碁ソフトで勉強。父親は仲邑信也九段。親子棋士となるわけです。両親とも有段者です。囲碁の強豪国である韓国の囲碁道場に2017年から家族で修行に行っています。現在は関西在住。3歳からルールを教え、すぐに憶えたそうです。音楽家も棋士も2歳3歳から始めるで天才は生まれるのですね。母親の話ではとても負けず嫌いだとか。勝負師にはつきものですね。

仲邑菫(なかむらすみれ
  棋士情報はこちら→  英才特別採用推薦棋士採用者  棋士情報  囲碁の日本棋院

囲碁界では、  囲碁の日本棋院
日本棋院が『英才特別採用枠』というのを設け、
日本棋院の院性にならずとも、平成25年編成ナショナルチーム ( →ナショナルチーム
に実力を見てもらい、採用を決めるというシステム。
世界に羽ばたける棋士、また囲碁を普及させられる人材を育成するためにこの制度を作ったそうです。

採用年齢は 原則として小学生。この英才枠というのは昨年12月4日に決定したそうです。

私の父が囲碁好きでしたので子供の頃から家に碁盤があり、よく父が長考していました。
私も教えてもらいましたが自分には向いていませんね。じっくり考える、たくさん定石を覚える、、とか。
集中力と忍耐力が要るように思います。好きになるとそういうのは苦にならないんでしょうかね。

将棋界もたびたびニュースで取り上げられるようになり、囲碁も注目されています。
将棋ブームに追いつけですね。
将棋ブーム、見る将にならび囲碁女子とかまた流行りそうですね。