撮影 nakachan アメンボウ                      

アメンボ

2018年7月23日は二十四節気で                                         大暑 たいしょ)と言って一年のうちで、最も暑い頃とされています。暑すぎますね。埼玉 熊谷市の観測史上最高41.1度ってすごいですね。人命にかかわります。災害レベルの暑さ。 関東に行っていた時、水道の蛇口をひねると湯が出てきてびっくりしたことあったのを思い出しました。
7月中は雨も多く、高温多湿になれば蚊も出てくるかなと思い、例年通りかとリキッド’(液体)も用意しましたがまだ蚊を見かけません。
あまり高温(35度以上)だと、蚊も活動できないそうです。 ボウフラもどうにかなちゃいそうです。本州では蚊がいないと話題の様です。。 

熱中症にならないよう注意喚起されていますが、人の体の水分量は   
赤ちゃんは約80%、成人では約60%、老人では50%のだそうです。。脂肪との比率があるようですので、人によっては感じがちがうかもしれません。

最近は老人ばかりではなく誰でも熱中症に注意ですね。 食欲がなくとも水分だけでもとらなければなりません。
また自分の体重に比例しておよそ2~4%程度の脱水だと、ひどく喉の渇きを感じたり、食欲不振になるそうです
それ以上4~6%程度の重症の脱水ですと、脱力感や眠気、頭痛が起こるようです。点滴必要レベルですね。
そこまでいかないうちに、こまめに水分補給です。
成人の一日に必要な水分は食べ物に含まれている分も入れて、2000mlと言われています。でもこの暑さでは、汗、尿ほか水分が失われるので、もっと増えるでしょうね。一度に多量の水分も体に良くないそうで、少しずつ、のどが渇かなくても摂取するです。普段水分をあまりとらない私も、気を付けて夏バテしないようお茶など飲んでいます。この時期 甲子園の予選をやっていますが、脱水によるものと思いますが、選手に足の痙攣が起きたので途中で休憩入れていました(旭川)。
これほど想定外の猛暑が続くと心配になるのが2年後の、TOKYO オリンピック です。開催は、上に書きました大暑 の時期7月24日~8月9日 なんですね。様々な工夫がされるんでしょうね

 にほんブログ村 暮らしを楽しむ