月にもみじ
                        撮影 nakachan
6月、7月と駆け抜けていきます。整理、断舎離は、一段落で第2弾は8月後半くらいからにでもと思います、、疲れるので。天候不良やら異常気象、いつもと同じ、、と言う時がありませんね。
この2か月は、家の老朽化で、一部建具取り替え、補修(大がかりではありませんが)もあり、人の出入りがあったり、そのほか、色々な人と会ったり、関わったりでした。去年とは違いますね。

2018年7月7日 かがみの孤城  2018年 本屋大賞 楽しめました  の続きです

読みやすく面白かったので、図書館予約を入れ さっそく借りました。人気作家の様で、すでに借りられていて予約待のもありました。
↓ここまで4冊一気に読みました。子供の頃から読書好き、ミステリーも怪談も書かれる辻村さんですが、大体ハッピーエンドに終わるのも多く、ドキドキわくわくから、最後はほっとする作品で安心して読めます。でも直木賞作品の鍵のない夢を見る・・・は作風が少し違ってました。なるほど、、みたいな感じでエンドの仕方が違います。深夜まで読まないよう、チョコチョコですが、続きが読みたくなり、一日一冊または2冊読んでしまうので、ここで一息。本日は大安なり  はTVで連続ドラマにもなったとか、、大変面白かったです。10代の子が出てくる作品は青春を感じますし、多感な年ごろの心理が良く書かれているなと思いました。

ツナグ (新潮文庫)2012/8/27
サクラ咲く (光文社文庫)2014/4/25
本日は大安なり (角川文庫)2014/1/27
鍵のない夢を見る (文春文庫)2015/7/10 直木賞受賞作品

まとめて予約しますが、次は長編なのでゆっくりじっくりと読みたいです。
今ココ→たい校舎の時は止まる(上 中 下) (講談社文庫)2007

その次は・・・
光待つ場所へ (講談社文庫)2013/10/11
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)2014/12/3
凍りのくじら (講談社文庫)2008/11/14
家族シアター  (講談社 )2014/10 
の予定です

良く同じ作家のを続けて読みます。ミステリー作家では東野圭吾にハマったことありましたが、理系のトリック(東野圭吾は工学部卒)は図入り解説でも分からなかったのがありました。私は文系か何ケイか??
辻村深月さんは年代30代と若く、現代的、文章も大変読みやすいです。そして心情が良くわかる。共感できる感じです。たくさん作品を出しているので、今年はしばらく、深月さんで行こうと思い

 ・・・・につづく

にほんブログ村 暮らしを楽しむ