IMG_0013← 撮影 nakachan
睡眠時間、7時間が  死亡リスク最も少ないそうです


6時間を切ると睡眠不足。それが続くと
疲れがたまりパフォーマンス落ちたり、憂鬱になったり 働き盛りの人はついつい無理をしてしまうかもしれませんね.夜型の人も増えてると思いますが,色々バランス崩れます。食欲過剰になったり、過敏になったり・・・良いことありません。『睡眠負債』なる言葉も聞かれるようになりました⇒。睡眠負債 - Wikipedia

私は昼寝や寝だめもできないタイプです。
今 夏場で日照時間が長く早くに明るくなるので私は早く目覚めます。冬はその反対。そして冬場は布団から出づらく、長時間睡眠というか、ベッドの滞在時間が長くなります。
睡眠時間は年齢によっても変わるので、その辺は個人差はあるかもしれません。
寝るにもエネルギーが必要なようですし。

・・・・なぜか日本では8時間睡眠を目標にする人が多いのですが、平均すると8時間ぐっすり眠れるのはせいぜい10代〜20代までで、以降は年々必要な睡眠時間が減ってゆきます。・・・・・・・
引用 参考⇒ 睡眠医療プラットフォーム
  
また、日中の身体活動が多く、脳みそも使う作業が多いと、頭の中がぐるぐるとして夜 高ぶってなかなか寝付けないことがあります。

お風呂に入ったり、深呼吸したり、最近は寝る前に音楽を聴きませんが以前は1時間くらい聞いていたり、読みやすい本をさらっと眺めたり、、クールダウン の工夫ですね。

今は、一定の時間になったら眠るよう、あまり時間がずれないように生活しています。生活習慣を見直、、ですね。残り時間が少ない(高齢)!?私は寝る時間も惜しいなと思うときもありますが、睡眠時間はちゃんと摂るようにしています。元気で過ごせるようにね。もう、深夜まで何かに熱中して作業するということはできなくなってきていますし、しません。

しっかし、、高齢猫は良く眠ります。夜中には起きているのだろうか。日中はその存在さえ忘れるほど静かに深く眠っていることがあります。
miminmaru

ブログ村 主婦日記ブログ